注意点を知る

室内と男性

賃貸住宅を借りる際には不動産保有者との間で賃貸借契約を締結しますが、契約書の中には必ず現状回復義務についての条項が定められています。現状回復義務とは賃借人が契約を満了して物件から退去する際に、借りていた部屋を入居前と同じ状態に戻して貸主に返還する事を義務付けるものです。具体的には、例えば入居中に壁紙を破ってしまったり、何かしらの付属品を取り付けたりした場合に、壁紙を補修したり付属品の取り外しをした上で退去しなければならないという物です。契約時に注意すべきポイントとしては、借入人が退去時に現状回復義務を果たさなかった場合に課せられる違約金などが常識の範囲を超えた金額に設定されていないかという点です。

現状回復義務について知っておくべきポイントの一つは、賃借人の責任の範囲の中に経年劣化等によって生じた損傷は含まれないという点です。例えば通常の使い方をしているにも関わらず、壁紙が古くなり汚れが目立つようになったとします。このような経年劣化によるものは、例え入居時と状態が異なるとしても、賃借人が張替えをおこなう必要はないのです。何故ならばその壁紙は賃借人が部屋を使っていようがいまいが、いずれにせよ経年によって黄ばみが生じたはずだからです。この点、このような損傷についても修繕をして返還するように迫る貸主もごく稀にいますが、これに応じる必要はありません。トラブルになった際には仲介業者に委託するのも一手です。